「水巻のでかにんにく」は最近では収穫量も増え、町外の大手スーパーなどでも取り扱われるようになりました。
しかし、貯蔵施設がないため「水巻のでかにんにく」を販売できる期間は限られています。
逆に、期間限定のお楽しみとして毎年定期的にご購入いただける方も増えてきました。
こちらでは「水巻のでかにんにく」の販売までの流れをご紹介します。

販売までの流れ

10月

畝づくり・種植え
畑の土を成型して畝を作り、種を植えます。7cm程度の穴をあけ、生産者の方が全て手作業で一つ一つ丁寧に植えていきます。

4月下旬~5月上旬

花芽摘み
この時期に伸びる花芽を手作業で摘み取ります。花芽を摘むことで、でかにんにくを大きく成長させます。摘み取った花芽もおいしく食べることができます。

5月下旬~6月上旬

収穫・乾燥
天気の良い日に、機械ででかにんにくを掘り出します。掘り出したら手作業で土を落として茎や根を切って倉庫に入れて1ヵ月程度乾燥させます。

6月下旬

出荷
乾燥が終わったたら、表面の皮をむいて白く美しい姿にして出荷します。

7月下旬~9月頃

販売
一玉一玉丁寧に育て上げた「水巻のでかにんにく」を販売します。希少な「水巻のでかにんにく 完玉大王」は出荷するとすぐに売れてしまう人気商品です。

「水巻のでかにんにく」は期間限定での販売となりますが、この時間以外は「水巻のでかにんにく」を使った味噌「水巻のでかにんにく味噌」をご利用ください。